松来未祐


松来 未祐(まつき みゆ、1977年[4][6](昭和52年)9月14日[3][4] - 2015年(平成27年)[4]10月27日[4][7][8])は、日本女性声優歌手ラジオパーソナリティ。本名・旧芸名、松木 美愛子(まつき みえこ)。

更新情報


松来未祐のWikipediaから,最近更新された情報を表示しています.

55行目: 55行目:
声優の勉強をするために上京することを両親から猛反対されたが、大学進学を条件として上京を許されたため、[[慶應義塾大学環境情報学部]]に合格。大学に通う傍ら、[[日本ナレーション演技研究所]]や[[アクセント (芸能プロダクション)|アクセント]]付属養成所シャインに通い、演技の勉強をする。
声優の勉強をするために上京することを両親から猛反対されたが、大学進学を条件として上京を許されたため、[[慶應義塾大学環境情報学部]]に合格。大学に通う傍ら、[[日本ナレーション演技研究所]]や[[アクセント (芸能プロダクション)|アクセント]]付属養成所シャインに通い、演技の勉強をする。


ゲームの役で初めてのオーディションを受ける。当時は他の受験者と違ってどこにも事務所に所属しておらず、極度の緊張から[[神谷明]]の書いた『きみも声優になれる!!』の本をバッグにお守り代わりに入れて現場に向った。会場には神谷明が来ており、その後幸いにも合格を果たす<ref>『声優アメディア 2009年7月号』66P。</ref>。
ゲームの役で初めてのオーディションを受ける。当時は他の受験者と違ってどこにも事務所に所属しておらず、極度の緊張から[[神谷明]]の書いた『きみも声優になれる!!』の本をバッグにお守り代わりに入れて現場に向った。会場には神谷明が来ており、その後幸いにも合格を果たす<ref>『声優アメディア 2009年7月号』66P。</ref>。


本名のまま、[[1998年]]に[[PlayStation (ゲーム機)|PlayStation]]用ゲーム『[[御神楽少女探偵団]]』の檜垣千鶴役で声優デビュー。同作以外にもしばらくは本名で活動するが、後に本名だと芸能人としては画数が良くないからとの理由で「松来未祐」へ改名する。
本名のまま、[[1998年]]に[[PlayStation (ゲーム機)|PlayStation]]用ゲーム『[[御神楽少女探偵団]]』の檜垣千鶴役で声優デビュー。同作以外にもしばらくは本名で活動するが、後に本名だと芸能人としては画数が良くないからとの理由で「松来未祐」へ改名する。
戻る