沼倉愛美


沼倉 愛美(ぬまくら まなみ、1988年[8]4月15日[5] - )は、日本女性声優歌手神奈川県横浜市出身[2]アーツビジョン所属[5]。愛称は主にぬーさん[9]

日本ナレーション演技研究所出身[5]

更新情報


沼倉愛美のWikipediaから,最近更新された情報を表示しています.

67行目: 67行目:
2016年11月、ソロ歌手としてのメジャーデビューを果たす。もともと、「THE IDOLM@STER」や「Trident」<ref group=注>『[[蒼き鋼のアルペジオ|蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-]]』の声優ユニット。</ref>として活動していたときから、歌唱力は高く評価されており、「歌うことは好き」とのことだが、本人曰く、「自分自身を表現することが苦手なので、『自分自身の歌』として歌うことに対する自信を持てずにいた」ことから、歌手デビューになかなか踏み切れなかったという{{R|マイナビニュース20161102}}。しかし、ファンの温かい励ましもあり、「(自分が歌うことをファンがこれほどに待望してくれているならば、)自分で自分のことを歌うことに向いていないと勝手に思っているだけで、もしかしたら実はそうではないのかもと思えるようになった。『できる』と言ってもらえる自分を、信じてもいいのかなと思うようになった」ことや、「Trident」の活動を支えてくれたスタッフが、個人の音楽活動のスタッフとしても支えてくれることになったことなどから、ソロ歌手としての挑戦を決意したという<ref>『B.L.T VOICE GIRLS』VOL.28、69頁。</ref>。
2016年11月、ソロ歌手としてのメジャーデビューを果たす。もともと、「THE IDOLM@STER」や「Trident」<ref group=注>『[[蒼き鋼のアルペジオ|蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-]]』の声優ユニット。</ref>として活動していたときから、歌唱力は高く評価されており、「歌うことは好き」とのことだが、本人曰く、「自分自身を表現することが苦手なので、『自分自身の歌』として歌うことに対する自信を持てずにいた」ことから、歌手デビューになかなか踏み切れなかったという{{R|マイナビニュース20161102}}。しかし、ファンの温かい励ましもあり、「(自分が歌うことをファンがこれほどに待望してくれているならば、)自分で自分のことを歌うことに向いていないと勝手に思っているだけで、もしかしたら実はそうではないのかもと思えるようになった。『できる』と言ってもらえる自分を、信じてもいいのかなと思うようになった」ことや、「Trident」の活動を支えてくれたスタッフが、個人の音楽活動のスタッフとしても支えてくれることになったことなどから、ソロ歌手としての挑戦を決意したという<ref>『B.L.T VOICE GIRLS』VOL.28、69頁。</ref>。


なお、メジャーデビューを待たずして、アニメソング最大の音楽フェス『[[Animelo Summer Live#2016年 |Animelo Summer Live 2016 刻 -TOKI-]]』(3日目、8月28日)に異例の出場を果たしたが、自分の出番が来てスポットライトが当たった瞬間、「私だと気がついた人が名前を呼んでくれた声を、マイクが拾ってイヤモニ内に聞こえてきたおかげで安心できた」ことで、ソロとしてステージで歌う不安が消えてライブパフォーマンスができたと述べている<ref>{{Cite web|publisher=マイナビニュース|url=http://news.mynavi.jp/articles/2016/11/02/numakuramanami/|title=声優・沼倉愛美に聞く、「叫べ」ソロデビュー秘話 - 自分を表現することが得意ではないので挑戦です|accessdate=2016-11-26}}</ref>。
なお、メジャーデビューを待たずして、アニメソング最大の音楽フェス『[[Animelo Summer Live#2016年 |Animelo Summer Live 2016 刻 -TOKI-]]』(3日目、8月28日)に異例の出場を果たしたが、自分の出番が来てスポットライトが当たった瞬間、「私だと気がついた人が名前を呼んでくれた声を、マイクが拾ってイヤモニ内に聞こえてきたおかげで安心できた」ことで、ソロとしてステージで歌う不安が消えてライブパフォーマンスができたと述べている<ref>{{Cite web|publisher=マイナビニュース|url=http://news.mynavi.jp/articles/2016/11/02/numakuramanami/|title=声優・沼倉愛美に聞く、「叫べ」ソロデビュー秘話 - 自分を表現することが得意ではないので挑戦です|accessdate=2016-11-26}}</ref>。


2枚目のシングル「Climber's High」がリリースされた際のインタビューでは「ソロシンガーとしての確固たるスタイルはまだ模索中」と回答している<ref name="voice2nd">『B.L.T VOICE GIRLS』VOL.29、60頁。</ref>。
2枚目のシングル「Climber's High」がリリースされた際のインタビューでは「ソロシンガーとしての確固たるスタイルはまだ模索中」と回答している<ref name="voice2nd">『B.L.T VOICE GIRLS』VOL.29、60頁。</ref>。
681行目: 681行目:
* PV「[[サレタガワのブルー]]」(2020年、森梢<ref>{{Cite web|publisher=株式会社ナターシャ|work=コミックナタリー|title=「サレタガワのブルー」PV公開、花澤香菜が斉藤壮馬演じる夫を裏切る不倫妻に|url=https://natalie.mu/comic/news/393903|date=2020-08-27|accessdate=2020-08-27}}</ref>)<!-- 2020-08-27 -->
* PV「[[サレタガワのブルー]]」(2020年、森梢<ref>{{Cite web|publisher=株式会社ナターシャ|work=コミックナタリー|title=「サレタガワのブルー」PV公開、花澤香菜が斉藤壮馬演じる夫を裏切る不倫妻に|url=https://natalie.mu/comic/news/393903|date=2020-08-27|accessdate=2020-08-27}}</ref>)<!-- 2020-08-27 -->
* ソレイユへようこそ!(2021年、さやか<ref>{{Cite web |url =https://www.dlsite.com/maniax/announce/=/product_id/RJ324248.html|title =【理容室ASMR】ソレイユへようこそ!【CV.沼倉愛美】| work =dlsite |accessdate = 2021-04-16}}</ref>)<!-- 2021-05-06 -->
* ソレイユへようこそ!(2021年、さやか<ref>{{Cite web |url =https://www.dlsite.com/maniax/announce/=/product_id/RJ324248.html|title =【理容室ASMR】ソレイユへようこそ!【CV.沼倉愛美】| work =dlsite |accessdate = 2021-04-16}}</ref>)<!-- 2021-05-06 -->
* ボイスコミック「悪役令嬢の追放後!」(2022年、'''エリザベス''')<!-- 2022-08-05 -->


== ディスコグラフィ ==
== ディスコグラフィ ==
戻る